新たな歯科治療の形として注目を集めている治

新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。
ですが、制約もあるので覚えておきましょう。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
これは重要な事実です。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。
そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ