インプラントとクラウンがどう違うか

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。
日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。
入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。
全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ