新たな歯科医療の形として期待が持たれ

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
あま市でインプラントならひろいし歯科クリニック【認定医・2500本以上】

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ