インプラントの手術してからしばらくの間、自

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ