差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術

最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ