他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異な

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするということにはなりません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ