治療終了後の定期的なメインテナンス

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ