せっかく完了したインプラント治療も治療完

せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。
人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ