典型的なインプラント治療は、3つの段階に分け

典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院ごとにずいぶん違っています。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。
義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ