歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。
日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。
どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。
また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ